自分でコントロールする|減塩生活がポイント!高血圧になったら食事に注意

減塩生活がポイント!高血圧になったら食事に注意

カップル

自分でコントロールする

食事

塩分を抑える

高血圧になる理由としてあげられるのが、食生活の乱れがあります。食生活の乱れでは、塩分の多い食事を取ることによって血圧が上がりやすくなります。また、飲酒をする習慣がある人は節度ある量でないと肝機能が低下してそれによって、血液の流れが悪くなります。そのため、塩分を控えるために、漬物の量を減らしたりすることで結構減らすことができます。特に、年代が高い人は漬物が好きな人が多く知らず知らずのうちに余分に摂取していることがあります。そのため、毎日のお味噌汁も減塩をすることが大切です。最近は、インスタントでも高血圧の人向けに減塩にしている製品があり、それを取り入れることによって自然と抑えることができます。もちろん、初めは味が薄いと感じることもありますが、食事をしているうちに慣れていき高血圧予防になります。

徐々に取り入れていく

高血圧の人向けの食事は、味が薄かったりして合わないという人がいますが、それは一度に切り替えようとするからです。そのため、徐々に減塩の製品に切り替えていき、その味に慣らしていくことが必要です。また、普段からの食事も塩分を抑えて、その代わりに出汁を濃い目にしたり、お酢やスパイスを使って代用をして調理をすることも必要です。市販品でも減塩製品が多くなっていて、味は薄く感じるのですが慣れることによって普通になります。飲酒の量が多い人もできるだけ抑えることも必要ですが、医師と相談をしながら量を決めることが大切です。たんぱく質の多い納豆や魚を食べることによって高血圧になるのを抑制をすることができます。