減塩生活がポイント!高血圧になったら食事に注意

夫婦

病食を上手に活用する

女性

高血圧は症状が表に出ない性質があり、症状を改善するには毎日の食事療法が一番効果的だと言えるでしょう。重要なことは、塩分を控えた食事に心がけ血圧を高めないようにし、さらに野菜や果物を摂取しバランスの取れた食事から血圧を下げることも同時に意識することです。

必要以上の塩分は避ける

和食

現代人の食生活

ビジネスや学業などに忙しい現代人たちは、食生活のバランスがつい、乱れがちになってしまいます。とくに一人暮らしの方であれば、食事の用意が億劫になって、栄養素の少ない食べ物で、お腹を満たしてしまうことも少なくはありません。そうした食生活をいつまでも送り続けていると、体調を崩しがちになってしまうこともありますので注意が必要になります。食事をとる際には、脂っこいものや、塩分濃度の高すぎるようなものは、できるだけ避けるようにすることで、病気になりにくい身体をつくりあげていくことができるようになります。これら乱れがちな生活習慣や、遺伝的な要素などによって、高血圧になってしまう方もいらっしゃいます。ただし、高血圧になってしまう原因は、まだ解明されてはおりませんが、塩分をとりすぎたり、運動不足などが引き金となり、高血圧の症状が現れてくることははっきりと示されています。

減塩食を心がける

食事のバランスが乱れていたり、運動が不足しがちで肥満に陥りやすい方にとって、口の中へ運ぶ食べ物を見直してみることは、高血圧にならないようにするためにも大切になります。そこで、意識的に一日3度の食事をとる際に心がけておきたいことは、野菜類を積極的に食べるということです。主食を野菜類に切り替えていくことで、高血圧が改善され、健康的な身体の維持へとつながっていくことになります。しかし、野菜をとることで健康維持ができるということを、頭ではわかっていたとしても、なかなか食生活の中に取り込んでいくのが難しいケースもあります。そんなときには、効率的に栄養素をとることのできる話題のサプリメントを試してみたり、減塩食などを継続的にとることを習慣化していくことで、高血圧になってしまうリスクを引き下げられる可能性があります。

血圧を下げましょう

男性

日本人の食生活も欧米化しているため、外食も多く偏った食事を摂る人も増えてきています。それが原因で高血圧に悩まされる人がいます。高血圧を改善するには、塩分やアルコールを控えるなど栄養面を考えたり、適度な運動が必要です。

自分でコントロールする

食事

高血圧になる要因として、塩分の高い食事と飲酒をしているという点があります。その中で、減塩製品を取り入れたり、毎日の飲酒を抑えることによって改善させることができます。また、塩を使うのを減らしてお酢やスパイスなどを活用することによって我慢しなくても満足することができます。